保温できる最強弁当箱サーモスDBQ-361がどんなものか知ってほしい(全)

皆さんお弁当作ってもらいっていますか?私は今のところ愛妻弁当を作ってもらっています(嫁感謝!)

その弁当箱も進化しています!今回は保温出来るお弁当箱サーモスDBQ-361についてレポートしてみたいと思います。

1-22-2

≪スポンサーリンク≫

スポンサーリンク



今までの○印のお弁当箱のデメリット

今までは○印さんのお弁当箱でした。そしてそのお弁当箱は普通のお弁当箱でした。が私には問題なかったのですが、どうやら、気になる点があったようです。

それは・・・

本体が1体物の2重構造で、裏面に小さな穴が開いています。それが問題!?だったようです。

『食べる側』からすると何も問題ないのですが、詳しく聞いてみるとその穴に水が入り、中々出ない。

その穴から水分が出て、お弁当箱を入れている袋が汚れてきたというのです。

いつもその穴にティッシュを細くして突っ込み水分を取り除いたり、弁当箱を振ったりして水分を飛ばしていました。

確かに汚れています。

保温力は普通ですね。『冷たくない』そういうレベルです。

で今回購入したサーモスDBQ-361は最強の保温力だった!

『食べる側』の私が言うのもなんですが、正直、小さな穴なんて全然気になりませんし、袋が汚れてきてもそれ程気になりません。スイマセン。

しかし、驚くほどの保温力だった!どれぐらいかというとお弁当にご飯を入れて実に6時間後

サーモスDBQ-361に入ったご飯はフワフワで熱々だったのだ!まさにに最強の保温力!

ホントに炊飯器から入れたままである!凄過ぎるぞサーモス。メチャクチャ嬉しいです。あまりの熱々っぷりに会社の人に容器(図の白い『ご飯容器』)を触ってもらう。

1-22-1

『触ってみ・・・』

『・・・あつっ!』

この保温力は尋常ではありません。ホントにフワフワで熱々です。

思わず、おかずがあるにも関わらず、熱々のご飯にフリカケを掛けて食べてみた。ご飯とフリカケだけ。そんな食べ方を試したくなるほど、ご飯がフワフワなのだ。

その感想は・・・

フリカケご飯サイコ―!!

嫁に感謝である。。。

その最強の保温力の理由は・・・

保温容器が2つに分離します。そして、その容器に熱湯を入れておく。これがポイント。

ご飯を入れる直前まで容器自体を温め、そしてその湯気も閉じ込めて保温しているのです。

1-22

非常に手間がかかっております。この手間をしてくれる嫁さんに感謝。ティファールのボタン一つで熱湯は湧くんだけどね(^^;

その熱湯の湯気をも保温に使っているから最強の保温力が手に入るというわけです!素晴らしいぞサーモスDBQ-361

そして、『お弁当箱を洗う』もどうやら仕事がしやすいようです。

洗うのは○印さんの弁当箱の容器とは異なり、穴は開いていませんので、特に問題はありません。嫁さんの目的は汚れにくい弁当箱だったので、それもどうやらクリアのようです。

さあどうですか!このポテンシャル!今やお弁当もココまでの進化を遂げています!この最強の保温力でフカフカ&熱々のお昼ご飯を食べてみませんか!?

洗いやすくて最強の保温力!その名もサーモスDBQ-361!気になるお値段は!?

ブログのアクセスアップにはブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ