【感想】弱虫ペダルGRANDE ROAD2期3話『翔』ネタバレ

弱虫ペダルの進み具合が悪く、じれったいな~と思いながらも、楽しみにしている37才です。こん●●わ。それでは『翔』行ってみましょう~♪

≪Sponsored Links≫

スポンサーリンク



あと300m!

あぁそうだ、あと300mまで来たんだった。そこから3話が始まるんだった。ゴール前のスプリント勝負だ!

僕は決して脚を緩めたりせんよっ3-1

もっと前へ!

長いベロを垂らしながら、御堂筋君も死に物狂いでペダルを回す。

御堂筋君の回想シーン。

小学生の御堂筋君は山を越えて、病気で入院しているお母さんに会いに2時間かけて自転車をこいで向かいます。

優しいお母さんに会いに向かいます。3-3

お母さんに自転車のレースでお母さん乗せて優勝するわと泣かせることを言う小学生の御堂筋君。3-2

お母さんに『スポーツ選手は歯が大事だってテレビで言うてたで』と言われ照れくさそうなチビッ子御堂筋君。

『病院の帰りはフワッとした感じ。色で言うたら黄色』

母子家庭だったのでしょうか?母親を病院にお見舞いに行き、親戚のところに戻る御堂筋君。

運動神経の悪いチビッ子御堂筋君。跳び箱ダメ、鉄棒ダメ、サッカーダメ。将来の夢は自転車選手。それを絵に書くが同級生にう○この落書きをされる御堂筋君。可哀想すぎる。その同級生にさらに突き飛ばされる無力な御堂筋君。このあたりから純心な御堂筋君は貪欲に優勝を目指します。

そして、そんなある日小学生の御堂筋君はレースで優勝。その優勝の報告をお母さんに報告します。

『メチャ嬉しい。誇りやよ翔』3-8

喜ぶチビッ子御堂筋君。しかし、お母さんの容体が急変し、運ばれるお母さん。次のレース見にきてや!必ず勝つで必至でお母さんに話しかける御堂筋君。3-5

翔の勝つとこみたいな。翔頑張ってな。

御堂筋君はそのレースで優勝しますが、そこにはもうお母さんはいません。

3-4そんな悲しい過去のエピソードで思わず、御堂筋君を応援しそうになりました。いや、御堂筋も頑張れっ!!

そして、レースに戻り、後ろから二人が追いかけてきます。頑張れ!御堂筋!あっ御堂筋を応援してしまっている・・・しかし、初日に新開君とのバトル、ゴールスプリントなど一人で全部戦っている御堂筋君。ここに来て、脚が言うことを聞きません!3-6

『ゆるめたりせんよ!かまわんわっ!千切れろ脚っ!』凄まじい根性!

千切れる御堂筋君。

何と歯を食いしばり過ぎなのか、無暗にカチカチ鳴らしていたからなのか、何と大切な御堂筋君の前歯にヒビが入ります。

3-7一気に切れる御堂筋君。そして福ちゃんが勝利!(のはず。黒塗りでわからなかった)

お~ようやくインターハイ二日目のゴールしました。凄いぞ、高校生!

で最後のCパートの福ちゃんの皿回しは何だったんだ。前回のマキズキッチンもそうだが、ちょっと無理やりに笑いを取ろうとして変な感じになってる。

そして、2クールは完全に御堂筋あきら君ペースで進んでいる。3話に至っては全く小野田君は出てこなかった。そして、千葉総北高校のキャプテン金城と神奈川箱根学園の福富キャプテンが御堂筋の引立て役になっていた。凄い、凄すぎる御堂筋君。

亡くなったお母さんとの約束で、自転車の選手になってレースで優勝したいんだね。そしてその時のデローザをまだ乗り続けてるんだね。だから軽量化とか言いながら本当は子供用なんだ。お母さんとの思いでだから。お母さんに褒めてもらったから、歯も大切なんだね。辛い過去を背負った御堂筋君でした。

ブログのアクセスアップにはブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ


スポンサーリンク
ad
ad
スポンサーリンク
ad