【弱虫ペダル30話】荒北よっ!コカコーラとベプシの違いでソコマデ切れるなよっ!【感想ネタバレ】

荒北君、良い奴じゃないか!!ということで30話。

インターハイ初日の最後、ゴールまで4km。エースたちが優勝目指してペダルを回す!総北はキャプテン金城と今泉。箱根学園はキャプテン福富とエースアシストの荒北君!


今泉が前に出る!

今泉君が前に出て、ガンガン引っ張る!しかし、ここから荒北君が今泉を狙う。野獣のような走りで追いかける。

箱根学園エースアシスト荒北君

ペダルが地面に当たるはわかるけど、ガードレールにヘルメットが接触!ってどんなけ傾いてんだよ。それに、中継の車のミラーにも接触!坂道君なみにショートコースしてるやん。3年生だからないけど、ヘルメットに草がついていてもおかしくないよ。

【荒北君のエピソード】

中学では野球部のエース。大事な試合前にひじを痛め、試合に出れず。そしてよくある展開でグレる。あ~マヨネーズみたいな頭してるよ。荒北君。仲間(パシリ)がコカコーラ買ってきただけで、ベプシじゃないからってブチギレ!そんなに怒るなよって思えるほど。原チャリでぶっ飛ばす、荒北君。そこにピッチピチのジャージをはいた福富君に遭遇。

ダッセー!といちゃもんつけて福富君のチャリをひっくり返す!そしてピッチピチのジャージを真顔で説明する福富君。『っるせー!!鉄仮面っ!!(福富君のこと)』とメンチきるも道の上で勝負しようと言われ、学校までの5kmを原チャリとロードバイクで勝負する!そして、福富君に負ける荒北君。その後、こっそりと福富君のロードバイクを乗る荒北。『下を見ても走らない、前を向け!』熱いよ。高校生。そこから荒北君がロードバイクに目覚める。エースアシストとして箱学に無ければならない存在に。

そんな荒北君が今泉に罵声を浴びせるのだ。お利口ちゃんには取れないぜとか今泉は見事に飲み込まれる。そして抜かれた今泉は力は向こうのほうが上と認めたうえで、どうしたらいいかを考える。そして出た答えは本能のままに走ること!『どけ、細目っ!』と荒北君に罵声を浴びせ、野獣のように走る。そしてほぼ同着のような感じでエースを送り出す。荒北君は並ばれた、今泉君は抜けなかった。それぞれの思いを託し、エースが出る!で来週。気になるよ~

最後は荒北君の猫ちゃんとの絡み。『俺は犬派とか言いながらも思いっきり猫畜生に懐かれて、メロンパンを食べられる荒北君』はかわいいのだ、段々と荒北君の味が出ているというか人気が出てきているような気がする。そして字幕のところでヤンキー荒北君が福富くんを突き飛ばしたシーンに手から光線が出ているのだ。遊びすぎだろ~ウケる。そして寒崎さんの白い水着が気になる。

ブログのアクセスアップにはブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ


スポンサーリンク
ad
ad
スポンサーリンク
ad