【第11回乗鞍スカイライン】待ってろよ次は裏乗鞍だ【サイクルヒルクライム2014】

スポンサーリンク



表があれば裏もある。乗鞍は乗鞍でも裏乗鞍に挑戦だ!

(表も挑戦しますよw)

乗鞍ヒルクライム

ロードバイクに乗る人間なら誰しも走りたいと思う『乗鞍』

私が参加する次のレースは『第11回乗鞍スカイラインサイクルヒルクライム2014』です。俗に言う裏乗鞍である。

比較されるのは『全日本マウンテンサイクリングin乗鞍』です。

『全日本マウンテンサイクリングin乗鞍』とは?

乗鞍岳を長野県側の乗鞍エコーラインで登る大会で1986年に開始され、日本で最も歴史のある大会であり、今年は29回目である。そして標高は2,716mで日本のヒルクライムレースでも最高所となる。今年は9月7日(日)開催。全国から『ノリクライマー』が集結する、素人最強クライマーを決める大会である。

一方、次回のレース『第11回乗鞍スカイラインサイクルヒルクライム2014』は?

同じ乗鞍岳を登りますが、岐阜県側から乗鞍スカイラインを登る大会です。何故か表である全日本マウンテンサイクリングin乗鞍より斜度が急です。ココで一度比較してみたいと思います。(どっちも出るんですけどね)

乗鞍スカイラインサイクルヒルクライムと全日本マウンテンサイクリングin乗鞍との比較

大会名 全日本マウンテンサイクリングin乗鞍 乗鞍スカイラインサイクルヒルクライム
スタート 長野県松本市乗鞍観光センター
(標高1,456m)
岐阜県高山市殿下平ターミナル
(標高1,360m)
ゴール 乗鞍エコーライン山頂
(標高2,716m)
乗鞍スカイライン山頂
(標高2,702m)
全長 20.5km 18.4km
標高差 1,260m 1,342m
勾配 6.1% 7.2%
人数 4,500人 1,500人
費用 8,000円(込) 6,500円(込)

こうやって比較してみるとあんまり変わらないですね。いやいや変わります。勾配が7.2%というのは私の参加した第2回伊吹山ドライブウェイヒルクライム(7.0%)、第11回Mt.富士ヒルクライム2014(5.2%)に比べて最も勾配が急であるということです。

痛恨の脚つき事件

それは去年でした。ロードバイクを買ってから、夏に初めて輪行しました。それが、乗鞍スカイラインだったのです。正直登れると思って挑みました。しかし、脚を私はついてしまいました。しかも3回。完全に心が折れました。脚をついたのは後にも先にもありません。私の輪行の思い出と乗鞍スカイラインの思い出はトラウマになってしまいました(^^;

だからこそリベンジする!

正直不安でしょうがないのですが、ここを越えないと進みません。伊吹山、Mt富士、乗鞍スカイライン、全日本乗鞍と大きな大会で、一番参加人数が少ないです。伊吹山、Mt.富士、全日本乗鞍はお祭り的な要素が強いのですが、私にとってはある意味一番重いレースです。

そのためのトレーニングは!?

いつも登る雨沢峠の勾配は5.3%です。それでは脚つき事件を引き起こす可能性があります。ですので裏三国山をメインに上りの特訓をします!裏三国山は勾配が7.2%です。しかも下りが入ってこの数字です(^^;これを2本は最低登る!・・・ことにしよう・・・書いてるだけなのに自信がなくなってきました(^^;

それに今日から梅雨に入ってしまったので、これから週末が心配です。天気が良くてもサボっちゃうのに、雨なら確実にサボタージュしそうです。週末はあと5回。脚つきせずに完走してみせるのだっ!

ブログのアクセスアップにはブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ


スポンサーリンク
ad
ad
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ad