ガーミンエッジ500(520)でランニングする方法

冬場のクロストレーニングとしてランニングをする人は多いです。私もその一人です。今回はガーミンエッジ500(520)でランニングする方法とその設定方法とちょっとしたコツを書きます。既にランニングしている人や興味ない人はスルーしちゃってください。

追記:ガーミンエッジ520Jでも使えた!

ガーミンエッジGarmin Edge 520Jデビュー

≪スポンサーリンク≫

スポンサーリンク



ガーミンエッジ500といえば

誰もが知っているサイクルコンピューターです。今でこそ、後継機種のガーミンエッジ510が出ていますが、いまだに多くのサイクリストが使っています。私ももちろん使っています。

ガーミンエッジ500のよいところは高機能でありながら、低価格。これにつきます。

このサイクルコンピューターをランニングで使ってみます。

ガーミンエッジ500はサイクルコンピューターです。ケイデンスやパワー、スピード、心拍など色々表示出来ます。その機能は使い切れないほど。しかし、ランニングに必要な機能は入っていません。

ガーミンエッジ500は『ペース』が表示出来ません。

『ペース』とは1kmを何分で走るかということです。例えば『キロ6分』とか『キロ4分半』という使い方をします。

ランニングでは『キロ○分で10km走った』とかがトレーニング内容になります。ロードバイクで言うなら『250w×20min』みたいな感じですね。

なのでこの『ペース』をガーミンエッジ500で知りたいということです。それでは早速してみましょう!

ガーミンエッジ1

まず知りたい情報をガーミンエッジ500で表示させる。

私はランニングの際にこの4つを表示させています。

  1. Lap Speed
  2. Avg.Speed
  3. Lap Dist
  4. Distance

この4つがあればフルマラソンに対応出来ます。

Lsp Speed

ある区間のスピードを表示させます。10.0km/hみたいな表示になります。

Avg.Speed

最初から最後までの平均スピードです。例えば42.195kmの平均スピードとなります。

Lap.Dist

ある区間の距離を表示させます。567mみたいな表示になります。

Distance

最初から最後までの距離を表示させます。例えば23km過ぎたとかがわかります。

ペースがわかるように設定する(手動設定の為、地味です)

  1. 『MENU』長押し
  2. 『Trainig』
  3. 『Alerts』
  4. 『Distance Alert』
  5. 『On』
  6. 『Alert At』⇒『1.00km』

です。この6つの手順を行います。で後は走ってみて下さい。すると1km走ったらアラートが鳴りますので、その時に『LAP』ボタンを押しましょう。

1kmあたりのスピードが先ほどの『Lap Speed』に表示されます。素晴らしい。

もちろん表示されるのは『ペース』ではありません。『スピード(時速)』です。コレをペースに換算しなければいけません。最初はピンと来ませんがランニングのトレーニングをしたらスグにペースがわかります。参考までに

  • 9.0km/h⇒キロ6分40秒
  • 9.5km/h⇒キロ6分18秒
  • 10.0km/h⇒キロ6分00秒
  • 10.5km/h⇒キロ5分42秒
  • 11.0km/h⇒キロ5分27秒
  • 11.5km/h⇒キロ5分13秒
  • 14.0km/h⇒キロ4分17秒

大体の数字がわかっていただけましたでしょうか?マラソンに例えると、

ハーフマラソンなら

  • ハーフマラソンで私のような初心者は2時間(120分)切りが目標なら⇒10.5km/h(キロ5分41秒)
  • ハーフマラソンで1時間半(90分)切りが目標なら⇒14.0km/h(キロ4分17秒)

フルマラソンなら

  • フルマラソンでサブ4.5(4時間30分切り)なら⇒9.3km/h(キロ6分23秒)
  • フルマラソンでサブ4(4時間切り)なら⇒10.5km/h(キロ5分41秒)⇒マラソン人口で上位20%ぐらいの走力です
  • フルマラソンでサブ3.5(3時間30分切り)なら⇒12.0km/h(キロ4分58秒)

のペースで走り続けるという感じです。何となくわかっていただけましたか?

そして、この前参加したいびがわマラソンが人生初のフルマラソンでしたので、ガーミンエッジ500を握りしめて走るのは嫌だったので、ニューアイテムをゲットしました。

ガーミン Forerunner910XT/ForeAthlete910XTJクイックリリースキット

ガーミンエッジ500がドンピシャでハマります。コレをつけて走りました。

DSC03729

こんな感じです(※ガーミンエッジ510もバッチリです。但し重そうでした)

DSC03730

色々なスモールパーツがありますが、全然使いません。手前に見えている本体でOKです。

DSC03735

実際にガーミンエッジ500を取り付けた図です。シッカリ固定されていますので、安心です。フルマラソンも全く気になりませんでした。

11-14-8

実際にエッジ500を腕に付けて走ったフルマラソンです。

まとめ

今回はガーミンエッジ500をランニングで使うための設定方法とクイックリリースキットのレポートでした。ロードバイクのオフシーズンとしてランニングを実施する人は多いと思いますので、参考にして頂けたら嬉しいです。

素直に買えよ!

ブログのアクセスアップにはブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ