【2017年ロードバイクタイヤ選び】コンチネンタル4000SⅡより軽量!そのタイヤは!?

久しぶりにロードバイクの
タイヤを交換しました。

ロードバイクのタイヤも
かなり種類がありますので、
どの種類にしようか悩みますよね?

以前のタイヤはコンチネンタルでした。

コンチネンタルの特徴は
ブラックチリコンパウンドです。

そしてその重量。
非常に軽量に仕上がっております。

コンチネンタル グランプリ4000 S2 (700×23C)
by カエレバ

で私が今回チョイスしたのは
こちらのタイヤです。

スポンサーリンク



2017年はミシュランプロ4SC V2です。

ミシュラン プロ4SC V2 (ブラック, 700×23)
by カエレバ

このチョイスをした理由は
色々あります。

まずミシュランが『POWER』シリーズを
発売させたことです(2016年4月)

ということでプロ4は
型落ちとなりました(涙

ポイント1:ミシュランプロ4SC V2がお値打ちになった!

お値打ちです!!(笑)
しかしながら型落ちと言っても
今までトップグレードでしたので、
性能が悪いわけではありません。

それどころか、
型落ちでお値打ちになっています。

型落ち型落ちと言っても、
ケーシングは180TPIの
3層構造になっています。

ポイント2:ミシュランプロ4はSC V2は軽量!

とにもかくにも軽量です。

ミシュラン プロ4SC V2(700×23c)の
重量はジャスト200g!です。
実測では199gでした。

それに比べ、新型のパワーシリーズの重量は

  • POWERコンペティション[レース用]は190g
  • POWERエンデュランス[ツーリング]は220g
  • POWERオールシーズン[全天候型]は235g

ということで、プロ4SC V2は199gなので
コンペティションと比べたった10gの差!
エンデュランスより20g軽い!
オールシーズンより35g軽い!

そう!
未だトップレベル!

ちなみにコンチネンタルの
グランプリ4000S2(700×23c)は
205gですので、4000S2より軽量です。

ポイント3レースに出ない!

今シーズンはレースに出ることは
無いでしょう。
トレーニングをしていません。

ですのでトップグレードに
する理由がありません。

上記3つのポイントで
2017年のロードバイクのタイヤは
ミシュランプロ4SC V2にしました。

そして、初めてのカラーリング!青にしてみました。何となくです。。。

ミシュランプロ4SC V2で100km走った感想は!?

実にグリップ力があります!
久しぶりの新品タイヤなので、
当たり前ですね。

最初コンチネンタルより優れている!
と感じるほどでした。

盛っていませんよ。

ビバンダム君素晴らしいですね。

軽量なタイヤを体感できるのか!?

いやコレは全く感じれませんでした。
コンチネンタルのほうが
軽量なイメージですね。

そしてロードノイズが大きい。
グリップ力がある反面
ロードノイズが大きく感じます。

ますます道路の白線を
走りたくなります。

このロードノイズは
少し気になりますね。

土砂降りではないのですが、
道路がウェットの状態でも
走ってみました。

いや、たまたま濡れていただけですね。

これは非常に安心感がありました。
予想していなかったことなので、
ちょっとうれしかったですね。

これが100km走った感想です。

如何でしたでしょうか?
2017年のタイヤ選びで悩むあなたへ
少しは役にたったでしょうか?
またその後気になることがあれば
レポートします!

最近ようやくジテツ―再開しました。。。取り敢えず先月300km走れました。。。

ブログのアクセスアップにはブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ


スポンサーリンク
ad
ad
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ad