ランニングシューズの寿命は?アンダープロネーション?ニュートラルプロネーション?それともオーバープロネーション?

スポンサーリンク



ランニングシューズの寿命はどれぐらいでしょうか?

Web上には色々とありますが、おおよそ『800~1,000km』という感じがあります。もちろん履き方や使い方によっては異なりますが、私もそれに習いランニングシューズを選びたいと思います。

今、私のアシックスGT2000-4ワイドは

今月で1,000kmは超えてくると思いますのでそろそろ変え時かなと思います。

2018年2月20日では遂に932kmになりました。

※2018年3月に1000km超えました。

次のランニングシューズは距離、レベル、プロネーションで決める!

アシックスのサイトには『SHOE FINDER』という目的やレベル、プロネーションでおすすめのランニングシューズが選べれるサイトがあります。そこにプロネーションの説明があります。

アンダープロネーション

最大荷重時に、かかと部が外側へ傾いている状態。着地衝撃が大きい。サビネーションとも呼ばれる。

アンダープロネーションの方
クッション性の高いランニングシューズ

アンダープロネーション(サピネーション)の方は、衝撃による故障が発生する傾向があるため、DynaFlyteなど、クッション性の高いランニングシューズを選んでください。

・ミッドソールのクッション材が過度な衝撃を緩衝
・ランニングシューズの外側に沿ったクッション材が足の外側への回転を抑える
・かかと部分にクッション材を配置
・柔軟性のあるシューズが衝撃を均等に分散

ニュートラルプロネーション

最大荷重時に、かかと部が垂直に近い状態。着地時から蹴り出しがスムーズで、足への負担も少ない。

ニュートラルプロネーションの方
ニュートラルなランニングシューズ

ニュートラルプロネーションの場合、さまざまなシューズを選んでいただけますが、クッション性とサポート力を備えたニュートラルなランニングシューズが適しています。GEL-Nimbus® シリーズはプロネーションがニュートラルなランナー向けの、クッション性に優れた主要モデルです。

・クッション性のあるニュートラルなシューズが自然な足の動きをサポート
・初心者にはクッション性に優れたシューズがお勧め
・接地感に優れたナチュラルなランニングシューズを選択するランナーも

オーバープロネーション

最大荷重時に、かかと部の内側に傾く度合いが大きい状態。関節に大きな負担がかかりやすい。

オーバープロネーションの方
安定性の高いランニングシューズ

オーバープロネーションの方は、特別のサポート、ストラクチャードクッショニング、安定性が必要です。GEL-Kayano® シリーズはストラクチャードクッショニングタイプの主要シューズです。

・安定性に優れたシューズはランニングの衝撃をより効果的に分散し、過度なプロネーションを抑制
・メディアルポストのサポート、場合によってはかかとまで拡張
・ミッドソールの中足部内側を硬くすることで、土踏まず部分をサポート
・過度なプロネーションには、よりクッション性に優れたモーションコントロールシューズも要検討

ということです。なるほどですね。で私はどうなのでしょうか?

私の800km以上走ったGT-2000ニューヨーク4を見てみましょう。

まずは左足

そして右足

裏側です・・・

あんまりすり減っていない・・・

かかとの減り具合からすると私の場合はアンダープロネーションかニュートラルプロネーションっぽいです。

激しいアンダープロネーションかと思ったのですがそうでもなかったです(^^;

結論、次のランニングシューズは!?

レース用には

トレーニング用には

でした。それにしてはおすすめしすぎじゃないのか?5種類から選ぶって・・・でも両方(レース用、トレーニング用)にゲルインフィニ2ライトレーサーTS6があります。

一度実際に履いて決めようかと思います。

ブログのアクセスアップにはブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ


スポンサーリンク
ad
ad
スポンサーリンク
ad