【事故後】退院、自宅療養【2018年22週5/27~6/2】

事故

救急搬送

検査

一時退院

精密検査

入院

全身麻酔

手術

退院

自宅療養(←ココ)

ドSな看護婦さんのおかげで自分できちんとしないといけない。それは着替えなどもそう。嫁に頼ってはいけない。しかし、かなり負担をかけてしまっているようだ。すいません。

そんでもって自宅療養というが何もすることが無いがやっぱり体調がむちゃくちゃ悪い。

スポンサーリンク



まず血圧が高過ぎる。そして夜は熱が上がった。

5/27(日) 165 172 180 36.6 36.8 37.0
5/28(月) 163 180 179 36.5 36.5 37.2
5/29(火) 159 180 165 36.4 36.2 36.7
5/30(水) 156 160 166 36.4 36.1 36.8
5/31(木) 152 166 36.4 36.4
6/1(金) 162 168 162 36.4 36.5 36.7
6/2(土) 155 156 151 36.4 36.5

夜の血圧は本当に心配だった。170台はさすがに心配だった。ただ手術後1週間も経過していないので仕方ないのかも知れない。そして夜になると熱が出る。火照っているので夜寝れない。足爽快シートを張って寝た。それでも2時間おきに夜中起きた。

左腕の痛み

週の最初のうちは左腕が痛くて、寝返りが打てない。ま~今も寝返りが出来ないが。写真のように腕が変色した。しかし、骨折もしていなければ、神経が切れているわけでもない。いわゆる激しい打撲だった。よって処置なし(涙 自分でロキソニンシートを毎晩貼った。

右腕を動かすと左肩が痛む現象

それと退院する日に右腕を動かすと左肩が攣るという現象が起き右手、左腕ともに動かなくなった。マジ泣ける。週の後半になり、右腕を動かしても左肩は痛まなくなってきた。左腕だけが痛い。

擦りキズ(左肩、右ひざ、左ほお)はスゴイが痛みは別

それとキズパワーパッドを右ひざ、左肩、左ほおに貼った。その後一週間でキズはふさがった。スゴイ治癒力だ。

その治癒力でふさがったキズ口は素晴らしかったが、痛みは残った。キズがふさがったので痛くないかと思ったが痛かった。オレは痛みに弱い。

シャワーが地獄

そしてシャワーに入るのも地獄だった。

まず左の白目がはれている。晴れているというのはまぶたから白目(血がにじんで白くないけど)が飛び出してしまっているのだ(信じられないだろうがマジ)

それにより眼が閉じれない。なので、頭を洗ったらシャワーが顔に流れて眼が濡れて痛い。眼が閉じれないので兎に角痛い。

身体を洗っても髪の毛から滴(したた)るので、目に入り痛い。兎に角、眼が痛かった。

身体は洗えてさっぱりするが眼の痛みがハンパ無く、シャワーが怖かった。

これもだい慣れてきて週の後半には身体から洗うようにした。最後に頭。だからシャワーが滴るのも少ない時間で済む。コレで滴る水が減り、痛みは半減した。

5/31(木)通院

抜糸をする。涙袋に合わせて切り、縫合してあった部分。まだ残ってる。そして口の中。相当切っているので抜糸するのに時間がかかった。うがいをするように言われていたのできちんと実施していた。そのお陰で口の中はキレイだったようだ。

まぶた横の抜糸もする。これまた少し痛い。そして白目が腫れ上がっている件は病院の先生がいきなり針でプスプスと穴を空けて汁を出すと言い出した。点眼による麻酔をしてから実施。しかし、眼は見えるので針が丸見えで怖かった。これで少し白目の晴れが引いた。

生きているとはすばらしい。

ブログのアクセスアップにはブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ